カーマッチマガジン

シャコタンはなぜやるの?カッコ良く見えるだけじゃないメリットとは

2020/06/29

車好きの人なら知っているであろう、シャコタン。いわゆる「車高短(しゃこうたん」のことで、ローダウンとも言われる。ひと昔前までは「暴走族が乗っている」というイメージが強かったかもしれないが、現在は様変わりして、安定性などの面からシャコタンにする人もいる。

度が過ぎたシャコタンはもちろん良くない。しかしシャコタンにはメリットもあるので、知識として知っておいて損はないだろう。今まで持っていたイメージから敬遠していたという人も、きっとシャコタンの車を見る目が変わるはずだ。

シャコタンの基本〜車高を低くする方法

基本的なシャコタンは、スプリングを短くカットするか、シャコタン用のスプリングに交換する。スプリングを抜いて車高を低くする方法もあるが、おすすめはできない。

スプリングとショックアブソーバー(ダンパ)を車高調(車高調整式サスペンション)に交換すると、1インチ程度(約2.5cm)低くできる。たかが1インチと思うかもしれないが、印象はかなり変わってスポーティーになる。

シャコタンは陸運支局の許可が必要だった

スプリングを短くしたり交換することは、かつては陸運支局の許可が必要だった。届け出と認証を受けなければ違法改造となり、車検にも通らなかった。しかし1995年に規制緩和されて、現在は既定の数値内(※)のボディサイズであれば、スプリングの交換をしても届け出は必要ない。ただしスプリングの切断に関しては、違法改造となる。

緩和されて以降は、シャコタンや車高調が人気となってきているのだ。

車検証に記載されている数値に対して幅±20mm、長さ±30mm、高さ±40mm以内で、最低地上高90mmを確保すること。

シャコタンのメリットは?

車高調などでシャコタンにする、いわゆるローダウンする一番のメリットとしては、もちろん車高が下がってカッコ良くなることだ。

特にボディとタイヤ、タイヤハウスのすきまが減ることで、見た目もスタイリッシュになる。

ローダウンで人気があるのは、運転中の路面状況に合わせて車高を自動で調整してくれる車高調キットである。ローダウンはボディ全体の重心が下がることで、安定感が増すのもメリットだ。そのため車高調キットを車高の高い車(ミニバンなど)に装着すれば、安定感が増すことで振動や騒音が減る。特に後部座席で車酔いする場合に効果的だ。

シャコタン=暴走族というイメージは、少しは消えただろうか。車高を下げることは見た目だけでなく、安定性など性能の部分でもメリットがあるのだ。改造する際は決められた数値に従い、違法改造とならないようにカスタムしよう。