自社ローンとは

自社ローンとオートローンの違い

通常のオートローンはお客様がローン会社より融資を受ける形態になります。
自社ローンでは自動車販売店が直接お客様に融資をする形態になります。

つまり、お客様の信用状況を自社の審査基準で判断して中古車を分割払いで販売する方法です。
通常オートローンの場合はローン会社より一括で販売店へ車両代金(含む諸費用)の支払いがありますが、
自社ローンの場合は、資金力のある会社もしくは銀行より信頼のある会社でしか取り扱いの出来ない商品です。

自動車業界では一般のローンが組めない方(ブラック、債務整理、自己破産)に向けて、自社内にて賄う割賦販売の事を指します。

自社ローンの注意点

自社ローンにて車両を販売している店舗の多くは、車両価格が高くなっている傾向が強いと言われています。
金利が0%だったとしても、金利分以上に車両価格が高くなっているという事例が多くあります。

また、自社ローンを利用される方が通常のオートローンに比べて「高くなりやすい条件」となっている点も起因しています。

自社ローンで中古車をお値打ちに販売するカーマッチでは、一般社団法人自社ローン協会に加盟し、厳密な審査を行っているので適切な価格でのご提供を可能としています。

ブログ一覧